工事部

未来へつなぐ、安全な街づくりのために

工事部では、コンクリート建造物の補修・補強工事を中心に、
耐震補強、外壁の改装・塗装工事などを行っています。
補修・補強工事では、橋梁、トンネル、水路、橋脚など
コンクリート建造物全般に対応しています。
耐久性、耐震性に優れた工法と確実な施工で
災害に強く、安全、安心な街づくりに貢献いたします。

 

●一般土木工事

●高架橋耐震補強工事

 

主な工法

炭素繊維シート補強工法

軽くて強度のある炭素繊維シートを鉄筋コンクリート構造物等の躯体表面に接着し、CFRP(強化プラスチック化)することで不足した鉄筋量を補う工法です。コンクリートの劣化、鉄筋の腐食を抑え、せん断耐力、曲げ耐力、疲労寿命を向上。またひびわれ抑制にも効果を発揮します。炭素繊維は軽量なため施工性にも優れ、環境に優しい素材としても注目されています。

あと施工アンカー工

コンクリートに架台を介して構造物を設置する場合に、双方を締結固定させるためにアンカーボルトを用います。コンクリート打設時から設置するアンカーボルトは先付けアンカーボルト、打設後に設置するものをあと施工アンカーボルトと呼びます。橋脚など既設のコンクリート構造物の耐震補強に関しては、このあと施工アンカー工事が有効です。アンカーには様々な種類があり、工事内容や状態などによって適したものを使用します。

表面含侵工

コンクリート表面の改質やひび割れの補修、劣化の抑制に有効な工法です。含浸材を浸透させて表面を保護することでコンクリート事態を緻密化。表面だけでなく内部も強化することができます。

ひび割れ注入工法

既設コンクリート構造物のひび割れに直接注入材を入れて塞ぎ、ひび割れにより分断されたコンクリートを一体化。耐力を復元します。雨水や炭酸ガスなどの侵入も防ぐことができ、コンクリートの耐久性向上にもつながります。自動式低圧樹脂注入工法は0.2mm以上1.0mm未満のひび割れ補修に有効で、微細なひび割れにまで完全注入が可能。

各種防水・止水工法

既設コンクリート構造物の防水、止水工事も各種行っています。

各種ライニング工法

既設の水路や給排水管などにおいて、取り壊すことなく補修・補強を行う工法です。

 

有資格者1級土木施工管理技士/3名 2級土木施工管理技士/5名 2級建設機械施工技士/4名

有資格者

1級土木施工管理技士/3名
2級土木施工管理技士/5名
2級建設機械施工技士/4名